生活に支障をきたす自律神経失調症の治療法|心を整える成分

女性

テストステロンの分泌低下

サプリ

テストステロンの分泌低下

男性の更年期障害について。男性更年期障害とは、主に男性ホルモンであるテストステロンの低下を原因とした、様々な心身の不調をいいます。テストステロンの分泌量が減るのは、加齢もしくはストレスが主な原因です。40、50代、人によっては年齢関係なく職場や社会的なストレスにさらされており、それに生活習慣や性格が重なることで、自律神経のバランスを乱します。そうしてホルモン分泌量が低下するのです。また加齢によっても男性ホルモンは低下します。20代から少しずつ減少していき、70代ではおよそ半分にまで減るといいます。男性更年期障害の治療には、何れもホルモン補充療法と薬物療法が効果的です。それに加えて生活習慣の改善が求められます。

生活習慣・食生活の改善

生活習慣を改善することで、自律神経のバランスを整えることができます。そのためには、神経伝達物質であるセロトニンの分泌を促す必要があります。セロトニンの分泌を促すためには、薬やサプリメントが有効です。薬やサプリから不足しがちな必須アミノ酸や必須脂肪酸を摂ることで、セロトニンの生成を促します。そして規則正しい生活を送ることで、その分泌を促します。食生活にも気を付ける必要があります。欧米食や加工食品中心の食生活は内臓に負担をかけますし、化学的ストレスも大きいです。和食中心の食生活に、乳酸菌やフコイダン、そしてDHA/EPAを積極的に摂るようにしましょう。乳酸菌はヨーグルトや納豆などの発酵食品、フコイダンはメカブなどの海藻類、DHA/EPAは青魚など魚介類に多く含まれます。このように、更年期障害の治療には、ホルモン補充療法、薬物療法に加え、生活習慣の改善が求められます。