生活に支障をきたす自律神経失調症の治療法|心を整える成分

女性

心身のバランスを整える

薬膳

自律神経失調症はとてもつらい症状が出るのですが、検査ではまったく異常が出ません。薬では症状を抑えることしかできません。自律神経失調症は心身のバランスが崩れた状態です。漢方薬なら改善することができます。

テストステロンの分泌低下

サプリ

男性更年期障害は、男性ホルモンの分泌量が低下することで起こる様々な心身の不調のことを言います。主に4、50代男性に多いですが、人によっては若くして発症する場合もあります。治療のためには、ホルモン補充療法、薬物療法に加え、生活習慣・食生活の改善が求められます。

症状を改善する方法

錠剤

生活習慣の改善が効く

ストレス社会の中で自律神経失調症を発症する人がとても増えています。自律神経失調症は、だるさ、イライラ、頭痛、立ちくらみなどをはじめ、体中にさまざまな不調が起きますが、病院で行う検査などでは異常がみられません。原因としては、過度なストレスのほか、女性ホルモンの乱れ、急激な環境の変化、不規則な生活などが考えられるため、自律神経失調症の治療として薬物やカウンセリングなどの心理療法だけではなく、生活習慣の改善も必要になってきます。睡眠時間をしっかり確保して睡眠不足を解消すること、忙しすぎる生活を見直すこと、栄養バランスのとれた食事をとることなどを心掛けて、生活リズムを整えることがとても大切です。自分にとって楽しいと思える時間やリラックスできる機会を多くもつことでも治療の効果があがります。

改善につながる食事

自律神経失調症の原因のひとつとして食生活の乱れが関わることもあります。そこで、自律神経失調症の治療の一環として食事の内容を見直す工夫はとても重要です。一般的には、肉食が中心であったり、高脂質のものばかりを摂取していると自律神経失調症になりやすいともいわれています。症状を改善する食材としては、例えば、緑黄色野菜や果物などのビタミンC、自律神経をコントロールできるビタミンA、ビタミンEなどをたっぷり含んでいる食材が考えられます。また、イライラや不眠を落ち着かせることのできるカルシウムも治療に有効なので、乳製品、魚、海藻、大豆製品も多く摂ることを心掛けましょう。さらにあらゆる神経の働きを正常にすることができるビタミンBを含む食品も大切です。玄米、納豆、豚肉などを摂れるメニューを意識して作るようにしましょう。食事から補うのが難しい場合は、サプリメントが便利です。

ホルモンバランスを整える

錠剤

更年期障害の症状を落ち着かせるには、女性ホルモンを活性化させる成分を取り入れると良いそうです。女性ホルモンを促す効果のある成分に、マカがあります。サプリを取り入れると、高ぶった気持ちを抑え安定させてくれます。